今年流行る商品

今年はやる商品としてとりあげるのはなんといっても3dプリンターでしょう。
これは今年だけではなく、これからの製造業を根本から変えるものとして
大きく取り上げられていてニュースでもたびたび報道されているものです。

ものづくりの根幹をひっくり返したすごい発明品ともいえるものです。
この3dプリンターというのは文字通りプリンターの技術を使って3dのものを
つくれるようにしたもので、簡単にその理屈を説明すると、これまでのプリンターは
絵をかくものでしたが、その絵を描くということを何度も何度も繰り返すと絵が厚みを
もってきて3dの立体になっていくということがイメージできるとおもいます。

つまりプリントを何度もすることで三次元の立体をつくれるようにしたものが
この3dプリンターというものです。
重ね書きをすることで厚みをもたせていく方法といってもいいかもしれません。
この方法のすごいところは、ほとんどどんな形状のものでもつくれてしまうところです。
しかもそれが誰にでもできてしまうのです。
これまでのものづくりというのは実はつくれる形というのはかなり制限がありました。
加工をする機械などの条件によって複雑な形状のものはつくれないので、簡単な部品を
つくってそれを組み合わせて複雑な形状のものをつくっていくというのが常識でした。

それがこの3dプリンターではどんな形状でもつくれてしまうので、その常識が
通用しなくなってしまったというわけです。
これまでの製造業では複雑な形状のようなものを作る時には職人さんでしか
できないといったようなこともあったのですが、それがこの3dプリンターならだれでも
簡単につくれてしまうので、そういった物作りがどんどんこの3dプリンターに
うつっていくことが予想されています。

この3dプリンターに必要なものは材料と三次元のデータだけです。
それだけあれば、だれでもボタン一つで物作りができてしまいます。
現状では材料となるのは、ある程度の粘着性を必要としますので、プラスチックなどの
樹脂系の材料が用いられているものがほとんどですが、これについては研究がいろいろと進んでいて、
将来的には金属などでも作れるようになるかもしれません。

ただ、スピードはそれほど早くはなくて、現状では夜寝る前にスタートスイッチを
押しておくと、朝起きたころにはできているといったような感じのスピードです。
これも改善は進んでいくことになるでしょう。

いざ3dプリンターを購入しようとなった時にお金がないと買う事もできませんよね?
そんなときに便利なのがクレジットカードです。
クレジットカードは使いすぎてしまえば身を滅ぼしかねないも諸刃の剣ですが、
使い方を間違えなければとても便利なツールの一つです。
また、場合によってはクレジットカードを現金化して急な出費に対応するということもできます。
そんなときは利用者の多いクレジットカードの現金化ランキングを見て
どの業者に依頼するのが一番いいかチェックしてみましょう。
ただし、ご利用は計画的に!という合言葉を忘れずに。